スポーツ観戦を楽しもう

スポーツ観戦を楽しむブログです。
 

過去ログページ

2014年10月26日

ASローマ バイエルンに6点差歴史的大敗

欧州チャンピオンリーグ、予選トーナメントも
折り返し地点となりましたが、各国リーグのレベル差が
浮き彫りになってきているように感じます。

その象徴が、ASローマ対バイエルン・ミュンヘンの試合
ASローマのガルシア監督は、私のミスと述べていますが、
バイエルンに対して、真っ向勝負を挑み、ボコボコにされました。
なんと前半で5−0の大差がついてしまい、後半は立て直してきましたが
1点を返すの精一杯で、逆に2点追加され、7−1と歴史的大敗を喫しました。

現在、バイエルンに真っ向勝負を挑めるのは、Rマドリードとバルサ以外
無いのではという声も聞こえてきます。

ブンデスリーガでは、不調のドルトムントもチャンピオンズリーグでは
3戦3勝とDグループトップとなっており、逆を言えば
ブンデスリーガの方がレベルが高いという事を物語っています。

セリエAのチームは、ユベントス、ローマの2チームが参加してますが
それぞれグループ3位、2位と苦戦を強いられてます。

それに対し、ブンデスリーガは、4チーム参加しグループ2位の
シャルケ以外の3チームは、全てグループ1位と圧倒していますし
リーガ・エスパニョーラも4チーム参加し、ビルバオ以外の
3チームは、グループ1位が2チーム、バルサが2位と此方も好調です。

この2つのリーグ以外で、グループ1位は、パリサンジェルマン、
チェルシー、ポルトだけとなってます。

今年も、この2つのリーグ勢が優勝争いをしそうな雰囲気です。

来年は、本田選手率いるACミランが久しぶりにチャンピオンリーグ
出場を期待されてますが、セリエA勢は、苦戦を強いられそうです。

そう考えるとブンデスリーガには、日本人選手が数多く在籍しており、
欧州リーグ屈指のレベルの高さを誇っているので、その中で揉まれれば
日本代表のレベルも高くなっていくのではと期待してしまいますね。

欧州チャンピオンズリーグ グループステージ勝敗表
欧州チャンピオンズリーグ-グループステージ勝敗表1.jpg

欧州チャンピオンズリーグ-グループステージ勝敗表2.jpg

posted by moko at 18:10| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。