スポーツ観戦を楽しもう

スポーツ観戦を楽しむブログです。
 

2014年09月23日

田中将大 復帰 75日ぶりの登板で13勝目

田中将大投手、本当に、すごいですね。
イチローが、「なんにも変わんない気がしました。ピッチャーっていう感じがしますね」
とコメントしたように、75日ぶりの復帰戦で、故障前と変わらぬ安定感で、1失点13勝目

2013年の24勝0敗で、レベルが変わった感じを受けます。
メジャー1年目にして、これで13勝4敗
故障が無ければ、どこまで勝ち星を積み上げられたのか興味が尽きません。



状態に問題が無ければ、次回登板は、中5日の27日が予定されているとの事
田中将大投手は、勝率がこれだけ高いのだから、今後は中5日以上開けて
貰いたいですね。 それでも20勝いけるのではないかとの期待感があります。

肩を酷使させず、メジャーで長い間活躍して、これからもわくわくさせて欲しいですね。


以下ヤフー記事より
・威風堂々、故障以前と変わらぬ安定感
 スプリッター少なめ、カーブ、シンカー中心
 最速150キロ「しっかり投げられた」
 本人談「久しぶりでしたけど、全体的にはなかなか良かったんじゃないか」

復帰登板で力投する田中投手
田中将大復帰.jpg

・ヤンキース田中 75日ぶり復帰で13勝目
 田中将大投手が現地時間21日のブルージェイズ戦に先発し、75日ぶりの復帰登板を果した。  
 田中投手は、当初予定していた70球を投げたところで降板したが、
 6回途中までを5安打1失点に抑える好投で13 勝目を挙げた。
 ジラルディ監督も「本当に素晴しかった」と絶賛し、翌日の状態に問題がなければ
 予定どおりに現地時間27日に先発させること明らかにした。

勝利を喜ぶ里田まい夫人
勝利を喜ぶ里田まいさんa.jpg

・復帰の田中将に高評価=ニューヨーク各紙が詳報
 ニューヨーク・タイムズは「ジーターとマキャンの援護で、田中が復帰戦を飾った」との見出し。
 球速は故障前と 同じでスプリットは「相変わらず切れが良かった」と評した。  
 ニューヨーク・デーリーニューズは「制球は素晴らしかったが、力では抑え込めずに三振が減り、
 被打率は少し上がった」。
 その上で、チームのプレーオフ進出が絶望的になっている状況を踏まえて
 「田中があと1度しか登板しないのは、非常に残念だ」とも記した。  
 見開きで大きく田中将の写真を掲載したニューヨーク・ポストも、投球に一定の評価を与えた。
 ただ、解説記事では「田中は不安を払拭(ふっしょく)した」とする一方で、
 将来的には右肘の手術の可能性は消えていないとの見方も示した。
ラベル:復帰 田中将大
posted by moko at 12:07| Comment(0) | メジャーリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。